Forest of Bear Cruel


なせば成る 為さねば成らぬ何事も 成らぬは人の為さぬなりけり
by bearsarms
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
リンク

2008-11-13 391

私が人の目をみて話さないことが多いのは、別に疚しい事があるとか、その人が嫌いだからじゃありません。
単純に恥かしがり屋なんじゃい。



こむばんは、熊です。

今日は経験者講習会に行ってきました。
銃砲所持者は3年に1回の所持許可の更新に伴い講習を受ける必要があります。
いやね、以前これで失敗しちゃったんですよ。
この経験者講習会を受けるのを忘れて、銃砲の更新が出来ずに一度銃をトバしましたことがあるんです。その間、蓮は市内の銃砲店に匿ってもらうことに(笑)
ですから、もう一度初心者講習からやり直すことになったんです。
ってことは、僕は書類上ではまだ「初心者」なんですよね(笑)

で、、その2度目の初心者講習から所持許可取得までは、ソッコーで取り直しましたよ。
5月17日に初心者講習受けて、試験も95点の間違い一つで合格して、改めて許可が下りたのは6月14日。書類の提出等込みでも実質2ヶ月もかかっていません。
ですから、後輩たちが銃の許可もらうのに半年以上もかけるのには正直ガマンならん。
俺んちに蓮が来る時と違って(f**kin ○ースが)、得物だって先輩からすぐ譲渡してもらえるようになっているのに。
まあ、住んでいる自治体にもよるのはわかりますが、埼玉県ならどんなにかかっても2ヶ月強で取れる。

僕は身をもってそれを経験しました。
絶対とは言えませんが、嘘ではなく事実です
(爆)


話を戻します。

で、その経験者講習会ですが、参加者のほとんどが、おっさんとか、「おんつぁま(山形の方言。オッサンとジイさんの間くらいの年齢の男性。初老ともまた違う微妙な年頃・笑)」とかジイさん。
多分二十代は僕だけ。講師の人もおんつぁま。
しかも話す内容は狩猟で散弾銃。正直、ライフルで標的射撃の僕には関係ない事ばっかり。
講習の最後にビデオを観ておわり。このビデオの内容も狩猟中の暴発事故や矢先の安全確認を怠って起きた事故についてなど。

将来は大口径ライフルや散弾銃も取得しようと考えている僕ですが、狩猟はやらず標的射撃専門でいいです。
一緒に狩りに行った友人に撃たれる心配も撃ってしまう心配もない。なんかのハズミで自分を撃ってしまう心配も射撃場と比べれば無いに等しい(笑)
でも、実際狩猟っておもしろそうですよね。
もうディアハンターですよ。大自然のビッグゲームってやつですよ。
けどやっぱり僕は「Hunter(ハンター)」よりも「Shooter(シューター)」で良いです。

あ、あと今週末は来週ある大会に向けて長瀞に練習に行きます。



なんか、尺が余った(?)かんじがするので、歌を歌います。
6月にあった前期納会後のカラオケで、なんとなく5分程度で作った歌をば。

“かっこいい"なんて そんなこと言っちゃダメです
ウホウホ 「おとこ」たちがやってくる 
うるさい声が近づいてくる(アッー!)
ウホウホ 「おとこ」たちがやってくる 
甘くて酸っぱい香りがする(オリジナルに忠実)
ちぐはぐな恋でいいもん(やらないか)
ションベンしちゃお
くそみそもあたりまえだよね(阿部さん的な意味で)
わたしたちを 許してあげなさい
怒らないでね 怒らないで 好きにさせてね
ノンケにはわかんない 
ステキ キセキ 完ペキ! (ウホッ いい男)
“かっこいい″なんて そんなこと言っちゃダメです
とてつもない笑顔 ガチムチな男の子
(n・o・n・k・e・boy) (go go boy「のんけ」LOVE)

元ネタは「苺ましまろ」

早速、銃を銜えて足でトリガーを引こうと思います。

では、再見。
[PR]
by bearsarms | 2008-11-13 22:46 | 熊ノ射撃
<< 2008-11-15 392 2008-11-08 390 >>


ライフログ
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧